イベント情報

カテゴリ名 : 演劇・舞踊
登録エリア : 島根東部エリア
情報提供者 : 島根県民会館

イベント名

田畑真希ダンス公演『色の話、余白の色』

イベント内容

20180128

<平成29年度公共ホール現代ダンス活性化支援事業>

~国内外で活躍する振付家/ダンサー・田畑真希による身体とこころを解き放つダンスの世界~

今年結成10周年を迎えるダンスユニット「タバマ企画」主宰・田畑真希によるダンス公演「色の話、余白の色」。今ここでしか見られない研ぎ澄まされた身体表現は必見です。

また、本作品には地元出演者として松江市在住の視覚障がい者2名も出演します。それぞれに身体条件の異なる出演者から溢れる動きや表現は、観る者の心を揺さぶり、さまざまなイメージを喚起させます。しなやかかつエネルギッシュなダンサーが身体で語るダンスの世界を、ご期待ください。

【振付・演出】田畑真希
【出演】カスヤマリコ/齊藤コン/新宅一平/中村理/田畑真希
【地元出演】清水かおり/渡辺栄子
【衣装】中本淳子

★★開演前に公演を解説 タッチツアーを開催!★★
【14:00スタート(約20分間)】
視覚障がいの方を優先に、当日14時より「タッチツアー」を開催します。開演前に「色の話、余白の色」のステージの説明や、ダンスについての話を聞くことができます(所要約20分)。参加することで、より本番を楽しんでいただけます。ご希望の方は、当日14時に直接会場(中ホール)にお越しください。
※タッチツアーは無料ですが、参加するには「色の話、余白の色」公演チケットが必要です。

★★田畑真希×福井一尊 身体と美術のトークセッション★★
公演終了後に田畑真希氏と現代美術作家である福井一尊氏によるアフタートーク「身体と美術のトークセッション」を開催します。
それぞれに作品を作り続けるアーティスト二人がジャンルを超えてトークを行います。表現を通じて繰り広げられる二人のコラボをお楽しみください。

【プロフィール】
●田畑真希
タバマ企画主宰。3歳からクラシックバレエを始める。更なる表現を追及するため桐朋学園短期大学演劇科に入学。様々なジャンルの身体表現を学ぶ。
2007年より自身の作品を創り始める。滑稽なまでにガムシャラに、ユーモアを散りばめながら丁寧に時間を紡ぐ作風には定評があり、国内外で精力的に活動中。7カ国18都市にて作品を上演し好評を得る。
近年は様々な世代を対象としたワークショップを展開し、性別、年齢、経験などの差異を超えて、誰もが楽しみながら出来る身体表現の促進を目指す。
http://tabamaki.com/

●福井一尊
1976年夏生まれ。大学院在学中より、様々な素材を使った美術作品を制作し、発表を続けている。国内外での個展開催、企画展参加など多数。2016年エネルギア美術賞受賞。現在、島根県立大学准教授。


【参加者募集!】
★★田畑真希ダンスワークショップ
~田畑真希と一緒に踊ろう!~★★
公演に先駆け、ダンスワークショップを開催します。
ダンスは誰とでもつながることができる世界共通の身体言語。あなたもアーティストと一緒に踊ってみませんか。今回のワークショップでは、視覚障がいの方(15名程度)と一緒にペアになったり、一人で踊ったり自由なダンスを楽しみます。身体を動かしたい人、リフレッシュしたい人、ダンスに興味がある人、経験者も未経験者も大歓迎です!
↓↓詳しくはこちらから↓↓
https://www.shimane-catchnavi.jp/cul_shimane/show?id=47536

開催日・日時

2018/01/28(日)
開催時間 15:00 (開場 14:30)

開催場所

島根県民会館 (中ホール)

料金

<前売>一般 : 1,000円
<前売>大学生以下 : 700円
<当日>一般 : 1,500円
<当日>大学生以下 : 1,000円

備考(開催日時・チケット情報などの補足)

※3歳未満入場不可
※無料託児サービスをご利用ください。1/21(日)までにお申し込みください。

<チケット好評発売中>
【松江】島根県民会館チケットコーナー/プラバホール/今井書店グループセンター店
【出雲】今井書店出雲店
【雲南】雲南市加茂文化ホール ラメール/雲南市木次経済文化会館 チェリヴァホール

資料

添付データ チラシ(PDF)

主催

主催:島根県、(公財)しまね文化振興財団(島根県民会館)/共催:(一財)地域創造/協力:社会福祉法人 島根ライトハウス、松江市視覚障害者協会、山陰網膜色素変性症協会、ユニバーサル鑑賞推進団体Reading ACT

お問い合わせ先

島根県民会館文化事業課
TEL : 0852-22-5508

このサイトはRubyによって構築されています。